小児科カンファレンス

小児血液腫瘍科部長H医師・主治医・担当看護師による説明
大量化学療法について
①大量化学療法で使用するチオテパとメルファランの副作用について

口腔内や消化管内の粘膜障害(口内炎や下痢)がさまざまな程度で起こること。

モルヒネ投与により痛みに対する緩和(疼痛ケアを実施すること)と相乗効果について(副作用に便秘があるが抗がん剤の粘膜障害の下痢を和らげる効果)

②治療中の骨髄抑制について
 
血小板数値が下がる傾向
 退院後も
甲状腺ホルモン分泌と共に注意してみていく必要あり

③不妊について
 どれほど影響があるかはわからないが
不妊のリスク高い 


④放射線照射(局所照射)の影響
 髪の毛が生えてこない部分がある
 女の子は髪を伸ばしている子が多いとのこと

⑤大量化学療法を受けたお子さんについて
 高校生になるお子さんの話を聞く

フォト