放射線治療2

化学療法3コース

day20 化学療法3コース前日

食欲あまりなし

点滴が増え何かを感じている様子

機嫌悪く大泣きする

この日の夕食より5日間絶食となる

主治医②代行医師から

3コースの説明を受ける

day21 抗がん剤投与1日目

髄注のためふらつき残る

ろれつもまわっていない

顔色悪く顔のむくみあり

吐き気なし・微熱あり・浣腸

やや不安定

気に入らないことに癇癪をおこす

大泣きする

day22 抗がん剤投与2日目

食事の量減る・浣腸・嘔吐なし

歩いて放射線科へ行こうとするが

息が荒くなるので車椅子を使う

day23 抗がん剤投与3日目

嘔吐8回・夕食の臭いで少し吐く・悪寒あり 

day24 抗がん剤投与4日目

嘔吐1回

(吐き気止めを変えて投与後は嘔吐なし)

腸の動き弱い・歩いていくのをやめる

抗がん剤投与5日目

嘔吐なし・顔色悪い

やや乾燥気味

足の肌の色悪い(ケモ焼けらしい)

腸の動き良好

機嫌よく過ごす

夕方より微熱たまに咳き込む

day25 

無理にお粥を勧めたので食後吐く

ゴロゴロすぐに横になる

day26 エンビラ1日目放射線続行

輸血(MAP)5回目

(前日WBC0.87 HGB 7.2)

嘔吐あり・浣腸

食事は本人のペースで・

day27 化学療法3コース10日目

薬を飲むのをやや嫌がる

服用後嘔吐・機嫌よし

血小板の数値下がる

day28

嘔吐なし・食欲不振・浣腸

照射した所やや変色するが元に戻る

化学療法3コース12日目

エンビラ5日目

出血斑あり・血小板輸血3回目(PLT6)

バクタ服用後嘔吐

化学療法3コース13日目

高カロリー輸液3→2へ

主治医③より

4コース前MRI検査なし、4コース終了後に脊髄のMRI検査の予定・外泊可能であると伝えられる。高カロリー輸液を減らすがビタミン剤は継続すると説明を受ける

day29 化学療法3コース14日目

バクタ錠剤で試す

輸血(MAP)6回目

エンビラ7日目

(WBC0.12 HGB6.1 PLT 54)

化学療法3コース15日目

食欲出てきたがカレーの臭いで嘔吐

機嫌よし

少し歩いて気分転換となるがやや疲れた様子

化学療法3コース16日目

食欲不振・尿の回数減る食欲不振

化学療法3コース17日目

バクタ服用後嘔吐エンビラ11日目

浣腸

day30 化学治療開始18日後エンビラ終了

輸血(MAP)7回目

(WBC1.97 HGB5.9 PLT24)

輸血の緊張からか夕食摂れず

高カロリー輸液2→1へ

口内炎あり

day32 放射線治療終了

放射線治療終了3日後

初めての外泊(2泊3日)

2005年1月24日から110日ぶりの自宅

外泊後化学療法4コースをスタート

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/23620087

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線治療2:

コメント

If you are in not good state and have no money to get out from that, you would need to receive the loans. Because it will help you emphatically. I take term loan every time I need and feel great because of this.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

フォト