放射線治療1

放射線治療治療12日前

小児血液腫瘍内科医・放射線科医・脳外科医による合同カンファレンス

放射線治療(治療方法・副作用)について

詳しい説明を受ける

2枚の説明・同意書の控えと

4枚の説明記録をいただく

放射線治療治療8日前

化学療法1コーススタートしておよそ1ヵ月後

(抗がん剤投与5日間・骨髄抑制回復後)

大量化学療法に向けて

自己末梢血幹細胞採取

放射線治療治療4日前

放射線治療開始前のCTによる

位置決め・マーキング

シェル作成等1時間

放射線治療スタート

化学療法2コース

day1 抗がん剤投与1日目

緊張のため副食ほとんど食べず

恐怖心はなく、照射中ずっと熟睡していた

day2 抗がん剤投与2日目

嘔吐2回・悪寒あり・倦怠感

day3 抗がん剤投与3日目

嘔吐9回・悪寒あり・脱毛再び
レントゲン撮影・腸にガス・浣腸夕食から絶食
耳鼻科受診・夕方よりあくび

day4抗がん剤投与4日目嘔吐3回

リハビリ往診あり・朝食まで絶食

背骨やや変色あり・肝機能低下

嘔吐もひどく眠りがあさいため

睡眠を促す中枢神経の興奮状態を抑える

働きをする薬を

放射線治療3・4日目の晩に点滴

化学療法2コース抗がん剤投与5日目

顔色悪い機嫌よく過ごしていた

day5
嘔吐4回・吐き気

レントゲン撮影・胃腸の動きなし

(フィルデシンの副作用)

この日から12日間絶食となり

高カロリー輸液スタートとなる   

day6

リハビリあり・嘔吐3回・吐き気 

機嫌よくベットから下りて歩く

day7 放射線科診察・局所照射説明あり

嘔吐・吐き気・悪寒(温かいお茶をほしがる)

浣腸     

胃や腸の動きの割りに嘔吐がひどい

主治医①より

化学療法・放射線量蓄積され(10.5Gy)

脳のむくみ生じて酔った状態

脳内の圧を下げる効果がある

ステロイド投与するとのこと

day8

嘔吐なし・腹痛激痛のため

痛み止め使用する

放射線照射終了後温かいお茶

リハビリあり

day9 

輸血(MAP)4回目(1コース時3回)

リハビリあり

眠りあさい・腹痛あり・嘔吐4回 <

発熱(CRP↑0.67から4.03へ)

抗生剤・抗真菌剤

化学治療2コース11日目

放射線照射終了後エンビラ1日目(好中球50)

化学療法2コース12日目・エンビラ2日目

血小板輸血2回目(1コース時1回)

腹痛治まるがまだ胃腸の動き悪い

主治医②より

この日朝から腹痛なしで笑顔ですごしていたと報告あり

嘔吐1回・浣腸

day10

エンビラ4日目(WBC0.62 CRP1.02)

放射線続行・頭部MRI検査

ロタウイルス予防のため免疫グロブリン投与

腹痛あり・口内炎なりかけ

やや機嫌悪い・浣腸

day11

やや機嫌悪い・腹痛あり・浣腸

眠りあさい・昼寝する

主治医②より

副作用の割には効果がみられない

フィルデシンとオンコビンについて

3コースは下痢などの副作用と

放射線治療との副作用の回避から

2剤+ITとの説明あり

day12 全脳全脊椎照射終了

倦怠感(だるさあり)・腹痛なし・浣腸

口数少ない

脊髄MRI検査・放射線科診察あり

主治医②より

局所照射すると同時に

脳圧を下げる薬の減らしていく

説明あり

day13 小脳局所照射スタート

腹痛あり・MRI検査結果

化学療法2コース17日目エンビラ終了

(WBC9.7 CRP↓0.1)

day14

機嫌がとてもいい<

次の日から食事を口から摂れると聞いて

食べる気満々

抗がん剤投与終了後2週間後から

食事(5分がゆから)再スタート

倦怠感はあるが腹痛・吐き気なし

なかなか寝つけず眠りあさい

食事半分量食べておなかいっぱいに

day15

自分のことは自分ですすんでしている様子

浣腸・全がゆ

day16

リハビリあり

腸の動き悪く昼食食べれず

浣腸・倦怠感・やや不機嫌

day17

リハビリあり

便が出ず食欲なし

全がゆからうどんに変更

day18

リハビリあり

積極的に体を動かす

注意されて泣いて怒ったらしい

day19 (局所合計線量29.2Gy)

担当看護師さんから・・・

照射部位の皮膚がやけど状態になれば

オイルなどのケア必要

痛がるようならすぐに伝えてください

と説明受ける

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

フォト