カテゴリー「栄養と免疫」の記事

2009/04/24

桃猫堂「手作り玄米カイロ」

笑顔の素敵なママ、Oさんが娘にプレゼントしてくださいましたlovely

ヒーリングアトリエ 桃猫堂

手作り玄米カイロ

詳しくは桃猫堂HP・ブログへどうぞshine

http://www.momoneko.jp

http://momonekodoh.blog102.fc2.com/

このカイロはとってもやさしくて、心温まります。桃猫堂オーナーOさんの人柄そのものです。いつもOさんのやさしさに癒され、助けられています。Oさんがいつも私の「笑顔が素敵よ!」と言ってくださるんですがそれはきっとOさんの笑顔がいつも素敵だから、私も含めて周りのみんなもハッピーな気持ちになるんだと思います。

このカイロの効果、すぐに実感できますshine

Oさんにいただいてからここ数日毎日、大切に愛用しています。

私は母の日(5/10)おばあちゃんズにプレゼントしますheart04(母たちなら、大切に愛用してくれそうです)

大切な方へ 贈り物にいかがですか?

父も低体温でした・・・娘は調子が悪くなる時(季節の変わり目、秋~冬にかけてなど)体温が35℃台になります。

このカイロを使用しながら梅雨入り乗り切れたらいいなぁ~

2008/11/08

秋仕込みの手作り味噌

はじめて手作り味噌に挑戦しましたshine

走って20秒の生協「サン」で春と秋、そして白味噌と年3回味噌作り体験できます

材料は大豆・米麹・塩

蒸し大豆を機会でミンチ状にしてから材料を混ぜ合わせて味噌玉(野球のボール位の大きさbaseball)を作って私はタッパーに入れました

いつも購入している麦味噌を作っている職人さんが蒸し大豆を用意してくれるので初めての私にも簡単に味噌玉ができました

秋仕込は約8ヶ月で出来上がりだそうです

毎朝、みそ汁が楽しみだなぁ~~今月22日は白味噌作りだそうです

2008/09/02

ニンニク・モロヘイヤ入りの       とん汁

夏の疲れ解消④ 読売新聞「健康+プラス」より

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/plus/20080901-OYT8T00257.htm

9月に入り残暑が厳しく、体調を崩さないためにも・・・「健康プラス」を参考に食べ方をちょっと工夫してみました。でも娘には人気なし・・・しめじやサツマイモ・里芋もたくさん入れました。おいしかった~

以前から気になっていた栄養満点「モロヘイヤ

みそ汁の具や茹でて刻んで卵焼きに愛用しています。

おじいちゃんの手作り野菜「冬瓜」も大活躍です!!

お義母さんに教えてもらったゴマ酢和えに今日はトライしようと思います。いつもエビや鶏ミンチのスープ煮ばかりでした・・・

おかひじき」と合わせたサラダはなかなか子どもたちに人気でした。

2008/03/14

はしか

医療相談より"はしか"についての記事

YOMIURI ONLINEより

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/soudan/20080313-OYT8T00213.htm

今年4月から5年間、現在の定期予防接種の対象者(1歳、小学校入学前1年の者)以外に、中学校1年生と高校3年生(同年齢相当の人)を新たな対象者とすることに。

昨年、おじいちゃんが麻疹にかかったので、念のため抗体検査をしておいてよかった。抗体価(-)だったので再接種を勧められている。対象年齢ではないので自己負担ですが・・・主治医と相談して時期を決定しなくては・・・

2007/06/01

愛しの豚レバー

今日スパーに行くと・・・珍しく国産"豚レバー"が!!発見した時はとても嬉しくて大きな声で子どもたちに叫んでしまった。

「ブ・ブタ!!豚レバーだぁ~きゃぁ~」って感じです。それもかなり新鮮度高そうでプリプリレバーでした。2パックあったので購入したかったですがレバーは新鮮度が大事だと教えてもらっていたので3人で食べきれる分の1パックを購入しました。豚レバーはなかなか売っていなくてデパートの量り売りでもなかな見ない品物だけに大興奮!!

子どもたちの貧血予防、特に娘が貧血にならないようにたまに定期的にレバー投入しています。あれだけの輸血をしたし、季候の変化のせいかもしれないが顔色が悪い時もたまにある。爪や目の下まぶたを見せてもらって白っぽくないか確認している。

父もよくプルーンを食べていたなぁ・・・

レバーに含まれるヘム鉄は体内への吸収率は高く効率的に吸収されるそう。でも鉄を摂りすぎると活性酸素を生んでしまうそうだ・・・サプリメントではなく食事から摂取することを心がけよう。この間、学校の給食試食会に参加したとき講師の教育委員会栄養士さんの話にもあったけれどその日の献立はすこし鉄が不足していたそう・・・

今日はレバニラはやめて簡単に酒とにんにくで炒めて、焼肉のタレで食べました~すごく美味しかったので子どもたちもはじめは嫌そ~な顔をしていましたが食べてみると意外な美味しさに2切れぺろりと完食。

いつまた会えるだろうか「豚レバー」・・・おおぉ~愛しの豚レバー

2007/01/29

3分ずきから玄米へ

3分ずきから玄米へ我が家の主食思い切って変更しました。そうしたらお米屋さんが240円引きにしてくれました!!!

なんとなんと玄米の方が精米しないから安かった・・・

しかーし、我が家の炊飯器でなかなか美味く炊けない・・・もう一度玄米の炊き方をマスターすべく本をパラパラ。

玄米の炊けるあのニオイはすごーくいいにおい。娘も味覚障害はほとんどクリアした様子。勿論、便通も絶好調!!!これは玄米食だけの恩恵ではないけれど、ウ○チリサーチマンの私としては体調のバロメーターなので、子どもたちいつまでおしりを拭かせてもらえるかしら・・・

2007/01/07

車麩のフライは最高!!!

今日は夕食に主人が「天ぷらが食べたい」とオーダーされましたが昨日のカレーの鍋を使ってカレーコロッケと「車麩のフライ」にトライしました。この"車麩"を先日、親子丼にいれたら抜群の美味しさっ。デパートの味の百選コーナーで見つけたこの"車麩"がダシ醤油で下味しフライにするとなんと、"とんかつ"にミラクル変化するらしい・・・

続きを読む "車麩のフライは最高!!!" »

2006/10/30

気になる咳とまたまたレンコン???

レンコン推進派の私としては・・・ちゃあぼう、また~と言われそうですが・・・これからの季節、カゼ対策にどうぞ。

気管支やのど、鼻の炎症に効く不思議な作用が「れんこん湯」

レンコン(デンプン質・食物繊維・ビタミンC・タンニン)と生姜のすりおろしをお湯割りしたもの、子どもだったらはちみつや柑橘類(レモン・ユズなど)をプラスしたホットドリンクを飲んで寝ると不思議や不思議、咳は緩和しぐっすり寝れます。

連日朝晩、気になる咳をしていた娘。「食欲・機嫌・排便」と三拍子揃っていい状態なのであまり気にしてなかったけれど、深夜のひどい咳き込みにあまり寝れない様子だったので「れんこん湯」投入しました!!!昨日の夕食の後、そして寝る前にグッと飲んでもらいました。ゆず蜜入りなので「飲みやすい」と以前、「おぇーっつ飲まれへん」を連発して飲んでくれず失敗に終わった「梅しょう番茶」の時とは大違いでした・・・咳も治まり昨日はぐっすり寝れたようです。

そうそう、健康のバロメーターのひとつ「排便」は、3分づきにしてから変化がみられました。驚きです・・・

おでんの季節になると、大根の皮・レンコン・ピーマン(ニンジン)の"もったいないばあさん流きんぴら"も食卓に。ごま油で炒めてから、ダシを加えて仕上げるので家族に大人気メニュー。レンコンは生協で「田村さんの土つきれんこん」を購入してます。この「田村さんのれんこん」は泥を落とすのが面倒ですが洗うとビックリ"美人"れんこんが登場します。

すばらしいれんこんをいつもありがとう、田村さん!!

続きを読む "気になる咳とまたまたレンコン???" »

2006/10/04

女ごころと秋の空

最強の免疫学(安保徹氏)によると、「ストレスは人を輝かせるスパイス」だそうです。体にも心にも「無理をせず楽もせず」の緩急が健康で長生きにつながるらしい。

息子の話になるけれど誰に似たのか、「つかれたぁ」「がんばれなーい」「きゅうけいする」「よいしょっと」シルバークラスなのよね・・・まっ、もうすぐ3歳の息子なりに自分のペースをキープしてるのかな。

娘が昨日、「最近、ごはんおいしいねん♪」とニコニコ。私まで嬉くて、おかわりしちゃった。「ごはんがおいしい」なんて言葉、一生出ないんじゃないかと思ってたので驚きです。きっと、食欲の秋なんだろな・・・シーズン変れば「おいしくないねん」になるんじゃないかとヒヤヒヤしてます。

いつも、自分の体に問いかけて(ちょっとオーバー?)何がたべたいか夕飯の献立決まるんだけど今日は、”わかめの酢の物”が食べたくなった。海藻類は腸内をキレイにして便秘解消、放射線や重金属の排泄を助ける、がん細胞の増殖をストップさせたりかたい腫瘍をやわらかくする効果があるそう。なんだかすごいぞ。知らず知らず味噌汁の具の定番になってたやん!!今日はスペシャル酢の物”たたきめかぶ”もいれちゃうぞぉ~

治療後、気になってた”貧血”

大量化学療法の後、かなり輸血したなぁ。

タイプがいろいろあることを「健康の小箱」(読売ライフ)で知った。貧血を防ぐには、やっぱりバランスのよい食事が大切なのね。

おすすめの食品は、レバー・マグロ赤身・ひじき・ほうれん草。良質のたんぱく質は、鶏のモモ肉・豆腐・魚(いわしの丸干し)・チーズ。ビタミンB12は、納豆・卵・貝類(カキ、あさり)。大豆や緑黄色野菜などバランスよくとりましょう。(健康の小箱より小林医師)

家族の健康は我が家の台所から!!

と気合はいってるけど終電で帰宅する主人そっちのけで夢の中~ごめんなさーい。今日から出直すわ・・・

子どもたちには、ラクトフェリン入りFe強化低脂肪牛乳(宅配)を飲ませてこれも1年。なかなか効果が見えてこないけど、子どもたちが”美味しい牛乳”と言っているのでやめられない。けっこう値がはるけどまっ、いいっか!!

私は健康食品ってどんなもの???と思ってたけどきっとこの牛乳やDHA入り乳酸菌・クロレラ乳酸菌もそうなんやろなぁ・・・

幼稚園から帰宅した娘の弁当箱を開けると・・・ご飯がやっぱり残ってた・・・ほとんど食べてなーい・・・しょんぼり・・・

2006/10/03

3分づき玄米とBE80

9月末から今まで食べていた「5分づき」玄米からお米やさんにムリを聞いてもらい「3分づき」玄米にしていただいた。

新米の季節になり炊飯器で炊くのがやや難しい・・・でも新米の水分の多さが「3分づき」へスムーズに移行できたかもしれないなぁ。辛子明太子(や○やの無着色は最高!!)があれば何杯でもおかわりしちゃうよっっ。

小学生の頃(20年以上前になるかな・・・)すでに玄米食にサプリメント、そしてスイミングと「健康体」を実践していた友人がいた。もちろん彼女は持久力抜群で、高校で再会したときも昼食の後、サプリメントを継続していたのに驚いた。恐らく彼女のお母さんが積極的に健康を意識していたのかもしれないけれどすごい!!!と思った。

娘は、去年5分づきにお米を換えた頃、食べにくそうにしていました。「しろいごはんは?ないの?」なんて聞かれたり「おばあちゃんちのごはんはおいしいよ」なんて言われたりしました。はじめまだ幼い子どもたちにはムリそう、やめておこうかなと迷いましたが何と言ってもウ○チが変ったような気がしたので頑張り続けて1年。そのうち娘も何も言わず食べるようになりました。というより味覚障害も随分回復しました。ご飯はいつも後回しですが・・・三角たべがどうもできないのよね。

昨日は走りこみの後だったからか、”おかわり”してくれました。お昼の残りのスパゲティも「食べるぅ~」と炭水化物とりすぎやでぇ~ほんと・・・週末運動会があるのでこの1週間しっかり体調維持しなければ・・・「おいしーい」「おなかいっぱい。お母さんごちそうさま~」これが大切なのよね。栄養バランス大事だけど「おいしい」と思って食べないと吸収されないよ、きっと。

まぁ、腹8分目で終わるのがポイント???

そして今日、ヨーグルトの新商品食べました!!3種類のベリーとオバちゃんに大人気のアセロラがはいってました。何々???BE80ってかいてあるぞ!!高生存ビフィズス菌って?すごい腸内バランスよくしてくれそう。

本屋で立ち読みした(本屋さんごめんなさい)”排便博士”の本にも書いてあったけど、腸内環境を整え、いい血液を作る必要アリです。

幼いこどもたちが副作用が少なく、高カロリー輸液に頼ることなく口から食事を摂ることができる、やさしい治療が開発されないかな・・・どうも現代の抗がん剤や多量の抗生物質使用の支持療法には疑問が残る・・・「薬は過ぎれば毒となる」格言にもあるけれど、抗生物質についてはもう何年も前から言われているのにな・・・

フォト