カテゴリー「漢方薬」の記事

2008/10/24

良薬は口に苦し・・・

今朝6時ごろ娘に調子を確認すると

頭痛がとれたshineようでした

漢方薬を朝・夕2回食事の30分前に飲んで4日目。鎮痛剤としては即効性がないのですが「飲めば元気になるよ」と言われたとおり(「病は気から」と言いますから)今までの倦怠感が2日目に改善されました。

とても苦くて、息子に「ちーちゃん、ストロー戦法や!!!」と提案されてからは、毎回ストローを使用してチューっと飲んでいます。

ガッツある娘。学校に行きたい気持ちがあって、頭痛を何とかしたい姿勢が感じられました。「苦いけど慣れたし、頭痛がとれたら学校に行く!!」と鼻をつまんで頑張っています。私はアレルギーのおかげで鼻が効かず・・・臭いに鈍感になっています。でも漢方薬を煎じる前、袋から生薬を取り出す時ほのかに香る、あの独特の香り・・・慣れてきて癒されるようになってきました。初めて煎じた時や味見したときは倒れるかと思いました(涙)

あんまり苦くて飲めないなら、無理して飲まなくていいよと娘にも伝えたのですが・・・

「医食同源」という言葉に私も魅了されて、漢方薬を煎じるのは夕食の準備をしながらできるし、頭痛の鎮痛剤としてだけでなく「体質改善・滋養強壮」目的でできれば、続けたい気持ちでした。

かかりつけ医から処方されていたアレルギーの薬アレジオンと併用できると薬剤師さんの説明もありました。

薬剤師さんから「自分に合ったものならばお子さんでも飲めますよ」といわれていた通り、最初はスプーンで少量で何回もすくって飲んでいましたが、ストローですんなり飲めるようになりました。

毎晩、時間割を合わせる娘を不憫に思うこともしばしば・・・

「今日こそは登校したい」「週末のキャンプには頑張って、参加したい」という気持ちがあるけれど、ずっと頭痛に悩まされている娘でした。

今朝の娘はとっても気分よく、早めに登校することができました!!!

漢方薬が効いてきたのかな???

恐らく・・・気圧配置や前線通過の影響が薄れたのかもしれません。

娘が学校から持ち帰ったラディッシュの種

budbudを出して、娘を応援してくれています。

美容室や歯医者に行きたい私・・・今日、行けるかな???

おすすめの本:生気象学

41gn3zewhyl__sl160_ 310r74bzwtl__sl500_aa240_

私の思いつき・・・「新聞のお天気欄」をスクラップすること

この2冊を読んで生気象学のポイントをついていたので嬉しかった。分析屋の私・・・久々のホームランbaseball

2008/10/21

K大東洋医学・腫瘍免疫研究所附属診療所へ

今日は朝から電話で問合わせをしてから手術を受けたK大病院内にある東洋医学・腫瘍免疫研究所附属診療所へ

診察や問診のあと、娘に合ったオーダーメイドの漢方薬(生薬)を処方していただくことができました。保険適用はなく自己負担ですが良心的でした。

人気のある外来のようで若い女性や男性患者さんが来られていました。

薬剤師さんから煎じ方の説明を聞いて帰ってきました。今日の夕方からまずは7日間服用します。また28日診察を受けます。

診察してくださった先生からの質問にきちんと自分で応えていました。先生を気に入ったようです。診察で触診があったからかな?

娘の頭痛(偏頭痛)をゆっくりと和らげ、体全体を診て、改善していきましょうとのことでした。手足は温かいこと・舌や歯茎・歯の状態も良好、肩や首筋の痛みはないことから、まずは頭痛に効果のあるものを強めにしておきますが小児なので成人の半分の量にしておきますと言われました。

今日処方された生薬

釣籐散(チョウトウサン)

・釣籐鈎(チョウトウコウ)

・石膏(セッコウ)

・天麻(テンマ)

・白芷(ビャクシ)

フォト