カテゴリー「読み聞かせボランティア」の記事

2009/01/17

高速道路

今日はボランティアグループの定例会でした

(財)伊藤忠記念財団から寄贈していただいた絵本ダンボール3箱分を乗せて、4年ぶりにマイカーでいつもお世話になっている大阪市立総合医療センターへ行ってきましたrvcardash

環状線がかなり恐怖でした(泣)大型トラックがバンバンスピード上げて
車線変更してくるのでビビリまくりでしたcoldsweats02

ETCに慣れてないのでノロノロ通過でしたが往復共スムーズに走れたのでよかったです

2008/03/22

いのち~いちばん大切なもの~

32039265 相田みつをさんの作品集(英語訳付き)

以前Mさんが紹介してくれた「他人の物指し」も収録されており、表紙や最後の作品「めぐりあい」に魅かれて購入しました。

というのも今年の3月でボランティアグループを結成して1年になります!!

グループメンバーのみなさんとの「出会い」そして、みなさんの「和」の心に感謝しています。

私は、人の感情(心)が人(心)を動かすエネルギーになると信じています。心強いメンバーに私は、誇りをもてるほどいい関係作り(グループ)ができた1年でした。

続きを読む "いのち~いちばん大切なもの~" »

2007/07/13

面接~命は自分が使える自分の時間~

昨日、読み聞かせグループのメンバーみなさんとこれから活動する病院の面接を受けました。雨降って地固まる、恵みの雨の恩恵を感じながら・・・しかし帰りは通勤ラッシュにJR阪和線の事故の影響で乗り換えの南海の駅は人がいつも以上に多かった気がする・・・

「命は自分が使える自分の時間」この言葉は日野原重明医師のお言葉。最近、読売新聞の連載「時代の証言者」はすごく今の私にとても響きました。ボランティアやホスピス(終末期医療)に早くから取り組まれてきた日野原先生は95歳。一度お会いしたい!!会いたいなぁ~先生はボランティアは実は「命」とすごく関わりがあって「(自分のために)人のために自分の時間つまり命を使うこと」と・・・そんな風にかんがえたことがなかったのでボランティアは命がけでとてもすばらしいことなんだなぁ~

できることからはじめよう!!ゆっくり焦らず・・・子どもたちのために!!いよいよです。

フォト