« 校長先生と面談 | トップページ | いってらっしゃい~笑いと涙が背中合わせ~ »

2009/12/18

12/17 個人懇談会

2学期末の個人懇談会がありました

まずは通常クラス担任の先生からテストの結果や登校したときの様子などをお聞きしてから(校長室の隣に設置された)病弱児支援クラスにて担任の先生と2学期を振り返りました

懇談会後に校長先生が先日、紹介した本を返してくださったので本について感想をお聞きすることができました。病弱児支援学級を開設してくださったことも含めて、日頃の感謝の気持ちを伝えて帰ってきました

朝礼で紹介された細谷先生の本

病弱児支援学級の先生が読んでみたいと言って下さったのでお渡しさせていただきました。

先生は娘が遅れて登校できずに欠席するかもしれないのに・・・登校して、まず横になれるように病弱児支援教室を温めてスタンバイしてくださっています

娘の居場所がある、娘をありのままキャッチしてくださる先生がいる

本当にありがたいです

担任の先生からは・・・

まずは遅れてでも登校することを目標にしていますが・・・授業中はすごく集中して聞いているそうです

音楽の先生からリコーダーについてのコメントをお聞きしました

手先の不器用さ

意欲でカバーしているようです

最近、算数の授業でコンパスをつかって円について学びました

こちらも楽しんで挑戦しています!!

先生には4年かけて縄跳びができるようになったこと、

きっと時間がかかるだろうけど、いろんな新しいことにことにも娘は果敢に挑戦し続けて、少しづつできるようになると思うので

3学期もどうぞお力添えよろしくお願いしますとお伝えしてきました

病弱児学級の担任の先生からは・・・

母親の私の表情が4月と比べると、すごくよくなってきて安心しましたと言われました

私は先生に今の正直な気持ちを伝えました

・実は娘のいちばん側にいる母親の私が

 娘の可能性を信じれないときがあって、疑っていることもある

・学校に登校できたことをポイント(安心感)にしたくない気持ちもある

・娘のぶれない本質や意欲(前向きな性格)のおかげで

 私は救われているところがある

・もしかしたら私が100歩ゆずっていろんなことを

 妥協や納得できるようにしたり、すっと受け入れられたら

 娘がすこし後遺症から(気持ちの上で?)

 解放されるのかもしれないなと感じたこともある など

いろんなことが私の中で、まだまだ整理できていないけれど先生方のおかげで親子で踏ん張れている気がします

子育てに正解も不正解もないけれど・・・

数年後にあの時、ああすればよかったと後悔したくない、

何もしてくれなかったと誰かのせいにはしたくない・・・

少しづつ焦らず(時々焦って)前を向いて、

2学期最後までできること探ししてゆこうと思います

« 校長先生と面談 | トップページ | いってらっしゃい~笑いと涙が背中合わせ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/32651185

この記事へのトラックバック一覧です: 12/17 個人懇談会:

« 校長先生と面談 | トップページ | いってらっしゃい~笑いと涙が背中合わせ~ »

フォト