« 小児脳腫瘍の会 シンポジウム 「拠点」 | トップページ | 校長先生と面談 »

2009/11/16

11/14土曜参観            ~オープンスクール~

14日に土曜参観(オープンスクール)がありました

1時間目は音楽(リコーダー)

2時間目は道徳(いいところさがし)

3時間目は算数(少人数指導)でした

白内障や聴き取りの弱さから座席を一番前にしてくださっているようです(聴き取りの弱さについては聴覚支援学校教育相談にて言語聴覚士さんに検査していただきました)

ざわざわ音(騒音)があると

例えば

なげ→なげ

と母音(wanage→ hanage)は聴こえているようですが子音がきちんと聴きとれていないようです

新しいことばをどんどん習う、国語をはじめ理科や社会では本読みを中心とした予習が必要になってくるとのことでした

今回のオープンスクールでは・・・

娘に関わる先生方(音楽・算数の専任の先生)が担任の先生方と一緒に娘を丁寧にフォローしてくださっている様子がとてもよくわかりました

算数専任のH先生と少し話をすることができ

「ちさとちゃんもお母さんもグーグーグー」と言っていただいて

先生から元気とパワーをいただきました

ホームクラス担任の先生とH先生が連携してくださっていて、家庭でも少しフォローが必要な単元についてはお知らせしてくれています(算数については、私も伸ばしてやりたいなと思っています)

「何とかなる・できる」と困り感のない娘のスタンスが

私に伝わるのは先生方のおかげだなぁと感じました

マイペースさ

今のところ・・・娘の強みになっているようです

10月下旬から秋の気象の影響か?ズキズキひどい頭痛と倦怠感のため遅刻や欠席が多くなってきました・・・

ホームクラス、病弱児支援学級の担任の先生おふたりに相談したり、母親の私の希望や想い(焦り)をお伝えしたりしながら「どのように進めてゆくのが娘にとっていいのか」を確認しています

先日、聴覚支援学校の教育相談の報告も兼ねて(欠席が続いていたこともあり)病弱児支援学級の担任の先生に面談をお願いしました

「これまで通りでいいですよ」と言って病気に対する(母親の)私の想いにも先生が共感し、そっと私に寄り添っていただけた気がして・・・いつも力んでいる私・・・すこし肩の力が抜けました

悩んでいる私に「それでいいんですよ」と時々、背中を押してくれたり、娘の成長を私と一緒に見守り、必要があれば、そっと娘を側で支えてくれている先生方がいるということは本当にありがたいことです

昨年、娘をお任せすることができなかったのは"私"が高いハードルを若い担任の先生の前に置いていたんだよな・・・

母親として"分"をわきまえる事ができていなかった気がします

« 小児脳腫瘍の会 シンポジウム 「拠点」 | トップページ | 校長先生と面談 »

コメント

ご無沙汰♪
久しぶりに訪問しました。
日々ちいちゃんの為に頑張っているママには頭が下がります。
また暖かくなったら会いたいね♪

>ひろちゃんママshine
お久しぶりです
といっても
なんだろ、この感覚?

いつもひろちゃんやママが応援してくれている感があるんです~

昨年の夏は本当にありがたかったです
口蓋の色素沈着は
"ホクロ"のようなものでした

チサトの永久歯の生えかわりが早くて・・・
次々と抜けた時はかなり驚きました

本当に久しぶりに会って
たくさん話を聞きたい!話したい!です
暖かくなったらランチでもどうですか?
またメールしますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/32236050

この記事へのトラックバック一覧です: 11/14土曜参観            ~オープンスクール~:

« 小児脳腫瘍の会 シンポジウム 「拠点」 | トップページ | 校長先生と面談 »

フォト