« インフルエンザ予防接種 | トップページ | 第13回がんの子どもと家族を支援する公開シンポジウム »

2008/11/22

校長先生と面談

20日校長先生と話をしてきました・・・

15日土曜参観(オープンスクール)で学校に行ったときに校長先生から「お母さんと話がしたい」と言われていました。私も校長先生のご意見や校長先生がクラスを担任されていた頃のことをお聞きしたかったのでとてもありがたい申し出でした。

担任の先生にこれまでお願いしたことは3つ

通院や欠席で抜けた授業中に配布されたプリントや課題(図工などの製作)を学校で、取り組む時間がなければ家庭に持ち帰らせて欲しいこと、先生もお忙しいようなので授業のフォローをお願いする時間がなければ、授業中に取り組んだ課題の間違ったところだけでいいのでみてあげてほしい(間違い直しが正解なら青マルなど・・・ここまで私が提案することなのか・・・もっと考動して欲しい)それも時間がないなら・・・家庭で取り組みますので金曜日にまとめて返却されるのではなく、その都度、返却して欲しい・・・

母親にではなく、登校したら娘にきちんと説明してあげて欲しい(娘と信頼関係を築いてほしい)

長期間お休みしていたのでお友達との関わりについて見守っていただけませんか?

1学期と同じくこちらが質問すると・・・担任の先生が「自分は悪くない・娘さんが学校に(教室)来ていないから」と言われたので私もカチンannoy

お友達については娘に「自分次第なところもあるよ」と伝えてきました。1学期にせめて欠席した授業の進度だけでも教えて欲しいと要望しました。勉強については家庭でしっかりやっておけばいいことだし、娘自身が努力家なので娘の場合は大丈夫。すごく頑張ってます。

娘の前では先生と巧くやっていこうという姿勢を見せてきました(子どもの前で批判は×でも・・・ついぼやいてしまうこともありましたpout

校長先生にはまず母親である私自身の神経質な点・過干渉(過保護)を認めたうえで・・・今までの積み重ね(不信感)や母親の想いを率直にお伝えし、先生の体験談・お考えを拝聴して帰ってきました。

昨日、欠席していた日の授業中に配布された「プリントをください」と娘が自分で担任の先生に言えたそうです。

私は5歩くらいさがってみようと思います。不満や不信感を抱く前に柔軟性を私たち家族がもつこと、先生とのコミュニケーションを巧くいくよう感情的にならないことを心かげること、とても大切だと感じました。

私自身、1学期すでにどんな先生か分っていたのに・・・同じことを繰り返しているバカな母親です。

早く3年生にならないかな・・・・・去年は娘から「H先生がお勉強はちゃんと教えてくれるから、お母さんはいいから」と言われました。

H先生に会ってお話したいです・・・先生は今、休職中だそうです。

« インフルエンザ予防接種 | トップページ | 第13回がんの子どもと家族を支援する公開シンポジウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/25563880

この記事へのトラックバック一覧です: 校長先生と面談:

« インフルエンザ予防接種 | トップページ | 第13回がんの子どもと家族を支援する公開シンポジウム »

フォト