« K大東洋医学・腫瘍免疫研究所附属診療所へ | トップページ | 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 »

2008/10/22

感謝の気持ちと敬意を込めて

小児看護2007年11月号 特集:脳腫瘍の子どもとケア
関連寄稿「脳腫瘍の子どもをもつ家族からの声」について

いつもお世話になっています、Mさんとへるす出版「小児看護」編集部のご好意により転載許可をいただきました。

小児脳腫瘍の会 家族のひろば

髄芽腫・PNET家族のフォーラム

Child-Follow.net

各サイトにて転載されます

コミュニティサイトに参加されていない方にも読んでいただきたいという想いから「公開」で転載の許可をいただいています

脳腫瘍の子どもをもつ「家族からの声」が
医療スタッフと同じ医療雑誌に掲載されること、
また当事者である患児・家族が声をあげていくことで
脳腫瘍の子どもたちの医療現場や環境が
よりよくなる大きな第一歩のような気がしています

「小児看護」が医療従事者向けの出版物のため、
一般の患者家族が拝読するチャンスがなく、
サイト上にて小児脳腫瘍ご家族みなさまはじめ、
多くの小児がん関係者に読んでいただきたいと思い、
みなさんのご協力を得て、
正式にへるす出版へ転載申請しました

へるす出版発行「小児看護」2007年11月号より転載
なおこのPDFの資料は特別な許可を得て掲載しているものです
転用してはなりません

同じく髄芽腫を発症した娘をもつ母親として、時間と労力をかけて執筆された関連寄稿をネット上に転載することへの快諾に対して心よりお礼申しあげます

誰かのためにそして自身のために忙しい中でもコミュニティサイト運営に時間(サイト管理費も)を割いてくださる「小児脳腫瘍の会」スタッフ皆様、「髄芽腫・PNET家族のフォーラム」管理人まんぼうママさん「Child-Follow.net」管理人kanonママさん、おふたりにはとても感謝しています。

PDF資料作成に相談にのってくださったはまぽんさん・ゆりかごさん、転載申請の相談にのってくださったまぴさん、どうもありがとうございました。私ひとりではできなかったこと、みなさんのおかげです。

« K大東洋医学・腫瘍免疫研究所附属診療所へ | トップページ | 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 »

コメント

ちゃあぼうさんのその行動力に、私の方こそ大変感謝しております。

良い方々にめぐり合えて本当に良かったと思っております。

これからも、よろしくねheart04

>kanonママさん
こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますshine

行動しても「考」動力に欠けているのが
私の欠点なのです・・・とほほ
でも3人寄れば文殊の知恵で
みなさんのお力を拝借すれば百人力!!!
独りではできないことも
できる!!!
ありがたいですよね

人の心を動かすのは
やはり人の情熱ではないかと思うのです
パッションってすごいなぁって

出会いや縁に助けられています
kanonママ、いつもありがとうkissmark

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/24662630

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝の気持ちと敬意を込めて:

« K大東洋医学・腫瘍免疫研究所附属診療所へ | トップページ | 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 »

フォト