« 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 | トップページ | 良薬は口に苦し・・・ »

2008/10/22

西から気圧の谷近づく

娘の欠席3日目・・・何となく気象と娘の頭痛の関係が見えてきた。

気圧の変化や温度差を皮膚で感じ、それがストレスになっているのか?頭痛は一体、何のサインなんだろう・・・

« 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 | トップページ | 良薬は口に苦し・・・ »

コメント

私の友人は雨が降るのを肌で感じ取ります。成人してに急になった顔のみのアトピー性皮膚炎です。雨が降ると皮膚が剥けて外出できないそうです。一緒に悩んでもう15年です。
今は晴れているのに顔面の皮膚は急激にぼろぼろ剥けるのでおかしいな、と思っている矢先に数分後雷雨といった感じ。
 気圧って体内にどう作用しているんでしょうね。

>ゆりかごさん、おはようございます

お友達も梅雨やこの季節、
15年も向合っていらっしゃるんですね。
症状がまたストレスに・・・
共に悩んでくださるゆりかごさんがいたというのはご友人にとっても救いになってるんじゃないかな。

体内のメカニズム
免疫、ストレスって不思議ですね・・・
昨日、PTA広報で一緒に活動していたママ
さんが娘や私のことを心配してくださって
お電話してくれたんですけど
喘息のお子さんもしばらくずっとお休みが
続いていると聞きました

私は気管が弱くアレルギーに悩まされています
気圧の変化もストレスとなるんですよね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/24667805

この記事へのトラックバック一覧です: 西から気圧の谷近づく:

« 「病院の言葉」をわかりやすくする提案 | トップページ | 良薬は口に苦し・・・ »

フォト