« 女性のための         ビューティー・カンフー | トップページ | 早退・・・低気圧が近づく?! »

2008/10/09

10月10日は目の愛護デー

読売新聞(2008/10/9)「目の愛護デー」

目の病気について正しい知識を持ってもらおうと「加齢と目」をテーマに眼科医による座談会の記事が掲載されていました。

白内障についての記事(関西医科大学和田光正先生解説)が目に留まりました。

7月に拝聴した講演会で

小児がん経験者は治療の影響(後遺症・晩期合併症)細胞のダメージから「早期の老化」「生活習慣病の若年化」が問題になっていることを知りました。

≪加齢に伴う目のトラブルは視力低下や失明を引き起こし、私たちのQOL(生活の質)を大きく低下させることがあります≫

(読売新聞10月9日掲載PR記事・齢に伴う目のトラブルより引用)

糖尿病・高血圧・動脈硬化といった生活習慣病による目の合併症には自覚症状のない眼疾患がたくさんあるそう

40歳をすぎたら精密眼底検査を受けることや通いやすい地元の「かかりつけ医」を見つけることも大切だそう

家庭医は本当に大切な存在だと感じます。

小児がん経験者の現状・問題点のひとつ・・・受診が途切れてしまうことらしい

娘の場合は治療後3年経過したところで

小児科・小児内分泌科・眼科・口腔外科を(治療を受けた)総合病院にて各科を定期的に受診しています。小児科主治医はこちらの意向も踏まえて、MRI検査や症状に合わせて定期的に予約を入れてくださいます。

脳外科・聴力スクリーニング(耳鼻咽喉科)・虫歯予防に関しては地元にて対応していただいています。

定期的な健診の必要性を感じてきましたし、日常生活で気になる症状があれば、小児科主治医にお伝えしてきました。

主治医が「聴く姿勢」を心がけてくださっているおかげです。

患児・家族が健康に関して主体性をもつことも大切かもしれません・・・

« 女性のための         ビューティー・カンフー | トップページ | 早退・・・低気圧が近づく?! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/24377629

この記事へのトラックバック一覧です: 10月10日は目の愛護デー:

« 女性のための         ビューティー・カンフー | トップページ | 早退・・・低気圧が近づく?! »

フォト