« クリーン・キャンペーン in 須磨ビーチ | トップページ | 子どもたちの健康教室   「いのちってなに」 »

2008/08/27

独立行政法人国立特別支援教育総合研究所

PC検索していたら・・・

第3章 慢性疾患の子どもの不登校、それを予防するような配慮

http://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_b/b-200/b-200_03.pdf

8月2・3日の2日間参加した小児がん・脳腫瘍全国大会(京都)にて講演をお聴きした(レセプションで同じテーブル)滝川 国芳先生が所属する

独立行政法人国立特別支援教育総合研究所の資料(冊子)のようでした。http://www.nise.go.jp/blog/

P40の悪性新生物やP42~44までの医療・学校・家庭・本人という視点で実際にできることの例示はとても参考になります。

P43の d)本人ができること・・・子どもたちの行動とあり

・自己管理能力を高める

・学習する上で、どのような障壁があるのか伝える

・自分の希望、夢を育てる

とありました。

« クリーン・キャンペーン in 須磨ビーチ | トップページ | 子どもたちの健康教室   「いのちってなに」 »

コメント

こんにちは(^^)
もうすぐ夏休みも終わりですね。
参考になる記事の紹介ありがとう
ございました。
心理面で気になる点があるので
とても勉強になりました。

そよ風さん、こんにちは。
コメント、とっても嬉しいです。
今年は猛暑だったのにちょっと
過ごしやすくなりましたね。

娘は宿題のラストスパート・・・
何とか明日までに終わりそうです。

メールしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/23273333

この記事へのトラックバック一覧です: 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所:

« クリーン・キャンペーン in 須磨ビーチ | トップページ | 子どもたちの健康教室   「いのちってなに」 »

フォト