« 人間のからだ(キッズのためのしかけ図鑑絵本) | トップページ | 先生と共に »

2008/04/11

はじめての小児内分泌科

今年の1月から3月にかけて母親の私の不安と妄想が急上昇しました・・・2月には主治医に電話してしまうほど。

新学期が始まるまでに問題解決したいと考え、主治医と相談して23日に予定していた外来を9日に早めていただきました。予約外で内分泌科も受診して、私も安心して14日に予定している進級面談(学校との相談会)にのぞめそうです。

症状からやはり成長ホルモン(徐々に分泌不足)が関与している可能性があるとのことでした。内分泌科医にいろいろなホルモンのお話を聞くことができました。

ホルモンに関しては基準値があっても「個々」の状態を把握し、きちんと長期観察していく必要があると説明してくれました。

TSH(甲状腺刺激ホルモン)が高めなのでこの値が10を超えたら補充療法(チラージン)を開始することや成長曲線-2.0SD以下になればまず負荷試験を行い、補充していくかどうかの診断をしていくそうです。

成長曲線から身長がやや伸び悩んできた(伸び率4.5cm/年以下)ので今年から半年に一度のペースで外来受診するように指示がありました。

メタボリック症候群予備軍なので・・・

運動不足や食べ過ぎに注意していきたいと思います。ウエストサイズ(身長の1/2超要注意)が気になるところ・・・中性脂肪(TG)は今回の採血では大丈夫でした。ひと安心です。

治療後4年目・・・いろいろ気になる症状もあるけれど新学期を向かえ元気に学校に通い、生き生きとしている娘について主治医に報告できました。

« 人間のからだ(キッズのためのしかけ図鑑絵本) | トップページ | 先生と共に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/20138124

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての小児内分泌科:

« 人間のからだ(キッズのためのしかけ図鑑絵本) | トップページ | 先生と共に »

フォト