« 主治医がかわるごとに伴う心のメンテナンス | トップページ | はじめての凧揚げ »

2008/02/01

子どもに伝えたいこと~ビッグ対談~

作家瀬戸内寂聴さん(僧侶)

鎌田實医師 おふたりの対談

(NHK「ほっとモーニング」今日の放送より)

途中から番組を見たのですが、我が子にいろんなことを伝えていきたい母親、またひとりの人間としてグッとくる内容でした。

番組後半で鎌田さんが寂聴さんに問いかけた。

「子どもたちに伝えたいこと」

絶望せず、

希望をすてないで。

そして源氏物語のようなすばらしい随筆がある「文化」を持つ「日本」に"誇り"を持ち、自分自身に対しても誇りを持つこと(瀬戸内さん)

投げ出さないで欲しい。

誰でも"ケモノ"は住んでいる。それが暴れすぎないようにしなければならない。今の日本は地域・家庭・宗教において力を失っている。仲間や家族(大人)が感動を生む「いいもの」(小説だったり絵画だったり)をしかける必要がある(鎌田医師)

そして平和について、

テロ(9.11)や戦争の話から人はひとりひとり違うこと。それを念頭に置けば・・・「やさしさの連鎖」をうむそうだ。

瀬戸内寂聴さんのHPのトップページ「今月のことば」子どもたちに読んで聞かせたいと思い、著書「未来はあなたの中に」早速購入しました!!

鎌田医師の「私たち大人が頑張って伝えていきたい」という言葉にジーンとする。

番組終了後、息子に

朝の読み聞かせタイム

「すてきなさんにんぐみ」

「たべるのだいすき」

「うしろにいるのだあれ」

張りきって読んだ。

「すてきなさんにんぐみ」はすごくいい1冊。読み終わるとジーンとくる。

コレ感動なのだぁ~~

3270205

51z061xxxrl_aa240_

« 主治医がかわるごとに伴う心のメンテナンス | トップページ | はじめての凧揚げ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/10184694

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに伝えたいこと~ビッグ対談~:

« 主治医がかわるごとに伴う心のメンテナンス | トップページ | はじめての凧揚げ »

フォト