« 参観日 | トップページ | 七夕音楽祭 »

2007/06/20

ブログ更新

忙しかったこの2週間・・・13日にはPTA広報「第1号」発行し夏休み前の「第2号」に向けて取材・編集がスタートした。

戸惑いと反省、そして新たな想いでブログを更新!!

18日午後に"マイコプラズマ"に感染しているとわかった娘は薬を飲みながら学校に復帰し、休んでいた授業のフォローを休み時間に受けながら頑張っている。朝はしんどそう・・・残念ながら体育とスイミングは今週は念のため、かかりつけ医から「見学するよう」言われた。

自宅から5分のK大S病院に脳外科のA医師が転勤されので私たち家族にとってすごく心強い。

「いつでもおいで」と言われ急きょ受診のお願いをした。先生から"ミラクル頭痛薬"を処方されたかのように娘は先生にやさしく笑顔で「大丈夫だよ」と言われ安心した様子だった。

私も久しぶりに先生とお会いして、私への説明や診察光景からしみじみと感じることがあった。先生への「信頼」を感じた。私は医師としては勿論、先生の人柄が大好きで尊敬できる。医療において、この「信頼」は大事なのかもしれないと先日のセミナーにおいてもいろいろ感じた。そして患者マナーも改めて考える・・・

今は人の出会いに感謝するばかりです。

Mさんがいつも私に「素直だ!!人の意見に耳を傾けることができる」と褒めてくれたり、ちゃんとセーブしてくれるんだけど・・・それはきっとMさんを信頼してるからだと思う。そして信頼はお付き合いの長さではないことを3月からお世話になっているかかりつけ医K先生から感じた。丁寧な説明や対応は「子どもたちから」絶大な信頼を得ているので親の私も驚くほどです。真摯なK先生への信頼度はぐんぐん高まっています。とってもやさしいK先生はやっぱりどこか人間として尊敬できるんだなぁ~~

そしてそれはS先生やH先生、千葉のR先生にも共通して感じたことだった。私は何だか人間くさい人が好きだな。医療においてそこが大切なような気がする。

最期の決断をせざる終えないとき・・・医師としてではなく「ひとりの人間」としての意見や想いを伺うことができたなら、受け入れることもできるかもしれない・・顔や表情にその「人間くささ」を読み取ることができれば言葉はもしかしたら必要でないのかもしれない・・・

私は情報発信に戸惑いながら・・・何をどう伝えればいいのか??自分は何を求めている??先日の横浜のセミナーの後、新幹線で読んだ「患者の声を医療に生かす」からいろいろ考えさせられた・・・

« 参観日 | トップページ | 七夕音楽祭 »

コメント

しばらく忙しかったね。
マイコプラズマだったんだ・・。
まぁ、原因さえわかれば対処法もあるというもので、良かった。

私もいろいろ考えることもあるのだけれど、根っからのずぼらゆえ、少々気を抜きっぱなし・・。
それでも、私たちって「出会い」には本当に恵まれてるよね。
みんなからちょっとずつ、良い「気」をもらってるかも。。。

人の出会いに感謝します。
いつも感じていることですが・・・
人にも環境にも恵まれてます。

最近はネットやメールが便利でフリーなんだけれども顔を見合わせたお付き合いもいいですよね~

患者会代表Nさんの話では最近の世代は変わってきて、顔を見合わせた(face to faceって言うのかな??)交流を必要としていない家族が多いそうです。毎日の生活に追われているとそんなに病気を意識することもないかもしれないけれど・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/6850527

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ更新:

« 参観日 | トップページ | 七夕音楽祭 »

フォト