« コマなし自転車~瞳に映る光景~ | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

2007/04/25

エプロンママ

今日は家から車で10分もかからない昨年息子が入院した母子センターにて活動14年という小児病棟のボランティアグループ「エプロンママ」の年1回(毎年4月)の説明会に行ってきました。

娘が入院していた頃、タウン誌で紹介されていた。私も50代になって子どもたちから子離れしなくてはならない頃、社会貢献できたらいいなぁと思っていました。

話合いは病院と同じ敷地内にあるファミリーハウス内の会議室で、そして"ボランティアルーム"の見学をしてきました。とてもすばらしい活動でいづれは14年という活動を通して得た実績などで「エプロンママが"ボランティアコーディネーター"的な役割ができたらいいです」と代表がお話されていました。

病棟ではここ数年に導入されたクリニクラウンやチャイルドスペシャリストのみなさん、そして他のボランティアグループと共に子どもたちの笑顔を大切にされてきたこと、子どもたちの気持ちにより添ってこられたことをとても強く感じました。

今後、チャイルドスペシャリストと一緒に何か子どもたちに提供していけないか、専門家の意見やお力添えもいただきながら「エプロンママ」としての活動も開拓していきたいとお話されていました。

すごく素晴らしい雰囲気が代表Nさんの表情から伝わりました。月1からマイペースで始められ、きちんと責任ある活動すれば臨機応変に対応してくださるそうです。2ヶ月に1回のミーティングや情報交換や交流会を兼ねた話合いの場である茶話会など今の私にとても必要かも?と考えました。実際の活動時間や話合いの時間は子どもたちや家事に影響なく活動できる時間帯でした。家庭を疎かにはできないので主婦の方が多いメンバーのみなさんご自身ができる範囲の無理なく継続できる活動の基盤を病院サイドと話し合いながら築いてこられたような気がしました。

だから14年続いているんだろうなぁ~

もう一度よく考えてから応募しようと思っています。

私自身、この3月に"読み聞かせグループ"代表者になったので娘のお世話になった病院がある地域のみなさんと図書館、そしてボランティアビューローにご支援いただきながら病棟ドア外で"きょうだい"のための活動を目指して始動しました!!!いろいろ学ぶ姿勢・聞く耳をもって行動しようと思っています。メンバーみなさんが活動に向けて個々に学んでくださっているので私も私なりに考えて「エプロンママ」の説明会に参加しました。思い切って参加してみてよかったです。

私のボランティア活動は「自己満足」に過ぎないのですがドアの外で待つ"きょうだい"のために何とか基盤を焦らずつくっていきたいと思います。

« コマなし自転車~瞳に映る光景~ | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/6215549

この記事へのトラックバック一覧です: エプロンママ:

« コマなし自転車~瞳に映る光景~ | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

フォト