« 青空教室~空高く響け~ | トップページ | 思いたったら吉日~USJへいざ~ »

2006/11/03

『命』を学ぶ~読売新聞:教育ルネッサンス~

最近、息子の昼寝がなくなりつつあり(そりゃそうだ。来年は幼稚園)ブログも更新が難航中。

今日の朝刊や以前からためてあった新聞記事、そして「やずや」のDM冊子をじっくり読んだ。

「ノーベル賞自然科学系3賞決まる」記事はとても興味深かった。[生理学・医学賞]RNA干渉については、この性質を生かすRNA薬はDNAを傷つけず、副作用がなく、がんや感染症などの特効薬になる可能性があるそうだ。すでに米国では目の病気の治療薬のひとつとして承認されているらしい。[化学賞]DNA転写については、「転写」はがんや心臓病、炎症などさまざまな病気に関わっているので「転写」の詳しい仕組みの解明は、病気の原因解明や治療法の開発につながると期待されている。

10月から新しいコーナー「医療のことば」にて病院と診療所の違いをはじめて知る。入院用のベット数が20床以上なら「病院」19床以下または入院用のベットのない施設は「診療所」だそう。知らなかった・・・病院を開設するには都道府県知事の許可が必要で、様々な基準がありベット数が多過ぎるとされている地域では特別な事情がないと新設や増床は認められないそう。

ニコニコ文庫で借りた「13歳のハローワーク」(村上龍著)にもこのことが載っていた。この本はなかなかすごい。13歳のときにこんな本があればよかったのにと悔しい3●歳の私・・・NPOについても、すごくためになった。これからはNPOの時代なのか???

『命』を学ぶ~教育ルネッサンス~連載記事や連日の考えさせられるニュースに驚きと不安が・・・

娘の病気と向き合ってきただけに、こどもたちの『命』が奪われる環境(家庭における虐待・後を絶たない犯罪・いじめと教育現場・たらいまわしの医療体制・天災や交通事故など)を考えさせられる一日となった。

何とか子どもたちの笑顔を守りたい。

しかし、親が守りたくても守ってやれないこともある・・・痛感した一日・・・娘のサインに気付いてやれなかった私。同じ過ちを繰り返さぬよう肝に銘じる。

« 青空教室~空高く響け~ | トップページ | 思いたったら吉日~USJへいざ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/4070325

この記事へのトラックバック一覧です: 『命』を学ぶ~読売新聞:教育ルネッサンス~:

« 青空教室~空高く響け~ | トップページ | 思いたったら吉日~USJへいざ~ »

フォト