« 自分のスパイスHP作製を決意表明 | トップページ | いざWTCへ »

2006/09/16

娘とふたりでおでかけ♪

今日はふたりで地下鉄に乗って梅田まで私たちふたりにとって”大切な人”に会いに行きました。

バス・電車の切符を買ったり、駅の名前を呼んだりと楽しい道中でした。

ちなみに覚えた御堂筋沿線の駅は”なかもず・あびこ・なんば”です。

「8月におばあちゃんと『なんば花月』に行ったときとおんなじやぁ~」と地下鉄に乗ったことを覚えていました。

電車の中や切符に書いてある数字やひらがなで駅名を書いたりと地下鉄タイムを楽しんでました。

帰りに「紀伊国屋」に寄って絵本を見て帰りました!!

なんてったって”読書”の秋やしね。

幼稚園で週一度、1冊本を借りてくるので最近買ってあげてなかったなぁ・・・

あまりの本の数の多さに娘は、読んでみたい1冊を自分でなかなか決めることができませんでした。

私は息子のために「それゆけ!アンパンマン いのちのほしのドーリィ」を選びました。卵で映画の鑑賞券当てることが出来なかったので・・・

私自身、幼い頃からやなせたかしサンのアンパンマンが大すきでした。

最近、”いのち”を粗末にあつかわれることが多いので、この”ドーリィ”のおはなしを作ったそうです。

「アンパンマンのテーマソングはなんのために生まれて、何をして生きるのかとうたっています」とも説明がありました。

息子の十八番のこの歌は奥が深いんだぁ・・・

すごく考えさせられる1冊でした。

読んだ後、涙がポロリ・・・最後がいいのよ!!!

「いきてることは うれしい!はたらくことは たのしい!

いきてるって すてき!がんばれ、ドーリィ!」

最後まで生きることをあきらめず、治療のため自宅より入院先の病院で過ごすことの方が多かった幼い子どもたちの人生を傷つけるような、医療者のひどい言葉は絶対にゆるせません。

どうして、”いのち”と常に向き合っている医師や看護師からひどい言葉がでるんだろうか?

きつい治療を受けてきた、それでも生きることを叶えられなかった無念さ、命を奪い取られた悔しさをどうしてわかってあげられないのか。

”医師”であるまえにひとりの”人間”としてあるべき姿を問いたい。人の最期に敬意を表すことができない医師は、医師をやめてもらいたい。

娘の主治医に出会えたことに感謝している。波長が合うのか?あわせてくれてるんだろうなぁ・・・

« 自分のスパイスHP作製を決意表明 | トップページ | いざWTCへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/3470840

この記事へのトラックバック一覧です: 娘とふたりでおでかけ♪:

« 自分のスパイスHP作製を決意表明 | トップページ | いざWTCへ »

フォト