« 医療学習~復学~ | トップページ | 秋の気配 »

2006/08/21

保健センター~発達心理~

今日は娘と息子の3人で保健センターに行きました。

娘の”発達心理”の相談と栄養指導を受けるために伺いました。息子の心理面も心配している私・・・

退院直後、治療によるPTSD・PTSS(心理的不安定)について(夜うなされる・なかなか言葉がでない)とても心配しました。

今では楽しく幼稚園に通うことができています。表情もよくなり、声も幼稚園での音読や数唱がいいのか大きくなりました。

先日の医療学習後、娘の近況を説明し、谷川先生にアドバイスを求めました。

もともと通っていた保育園にもどれず、新しい幼稚園に通っていること。そして来年、小学校に入学する予定であること。環境の変化が娘の心理にどう影響するか?これに対して親が留意する点などアドバイスをお願いしました。

谷川先生は、少しずつ丁寧に私に質問してくれました。そして、今の状態なら心配ないんじゃないかとのこと。

私も安心しました。時に第3者に「それでいいんじゃない、大丈夫ですよ」と後押ししてもらいたい私・・・

今日は、娘とふたりで面談を受けました。待っている息子は娘の担当のO保健師さんにブロックで遊んでもらいました。

娘が甘えたいときに「抱っこして」「食べさせて」など口に出して意志表示したり、目で合図したりするのなら大丈夫だそうです。

なるべく本人が口に出して、自分の言葉でどうしたいかを言うまで待つことも大事だとアドバイスされました。

そして、娘が気を遣うタイプなのであまり母親の私が過剰に心配しすぎるのも注意しましょうとのこと。これは前から自分自身でも感じていたこと。となりで「そうそう」と娘が観て笑ってました。

最後に娘は、人の絵の足りない部分を書き足すテストを受け、名前も大きな字で書くことができました。大きな声で「ありがとうございました」とちゃんと挨拶できた娘、成長したなぁ。隣で息子は、小さい声で「さようなら」と言ってました。

娘は本当の強さを持っている。だから弟にも優しい。子どもらしくない一面もあるが、最近”わがまま”も少し言うようになり嬉しく思うこの頃。治療中、ずっとガマンしてきたと思う。病気を受け入れて、キツイ治療に前向きだった娘。そんな娘を誇りに思う。

« 医療学習~復学~ | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96373/3175213

この記事へのトラックバック一覧です: 保健センター~発達心理~:

« 医療学習~復学~ | トップページ | 秋の気配 »

フォト