フォト

自己紹介文

私たち家族がみなさんに励まされ、支え合いながら今を生きています。娘が病気になるまでは、「ふつうの生活」がこんなにも幸せに感じたことはありませんでした。入院生活がはじまり、家族4人バラバラの生活が続きました。娘だけでなく息子にも本当につらい思いをさせてしまいました。主人の両親や私の母や姉、そして娘の病気を通じて出会った子どもたちや家族のみなさんのパワーのおかげで私たちは乗り越えてこれたので、とても感謝しています。
精一杯生きている子どもたちのために、自分のために綴っていこうと思います。そして、みなさんに何か少しでもおかえしができればいいなぁ~と思っています。

2007年3月小児病棟に入院中のお子さんのごきょうだい・ご家族のための支援活動(ドア外サポーター・面会中の保護者を病棟の外で待つ兄弟姉妹のための活動)「読み聞かせボランティアグループ ぽんぽこぽん」を立ち上げました。現在、娘がお世話になった大阪市立総合医療センター(きょうだい支援室)にて活動中。
読売新聞子育て応援団大賞に応募したところ、応募団体の中から選ばれて記事「支えてほしい、支えたい」にてグループが紹介されました。

ラフター・ヨガリーダー認定受けました(2007/10/28)

興味のあること

娘の退院後、栄養学や免疫学に関心をもつ 「食育」や「東洋医学」(漢方・ヨガ・気功など)もチャレンジしてみたい 「まごわやさしい」レシピで自然治癒力アップ 2008年から 娘の小学校にて保護者(PTA)の読書クラブに参加